冬でも住宅が暖かくできる方法|業者に依頼して内窓を設置する

木の窓の特徴

窓

インテリア性が高い

窓のサッシにはアルミサッシと木製サッシがありますが、最近では機能的な木製サッシが人気になっています。木製サッシの魅力は、木が持っている風合いをそのまま素材として使う事ができるため、部屋のインテリアが高くなることです。アルミサッシは無機質な感じがして、住宅に似合うデザインが絞られますが、木製サッシはどんな住宅にも似合います。また木製サッシは寒さの厳しい北欧でよく使われているため、国産の製品だけでなく外国の製品もラインナップが充実しています。木製サッシは木材をそのまま素材として使っているため、アルミサッシに比べて防火性は落ちます。そのため木製サッシを選ぶときには、防火性の優れた製品を選ぶことがポイントになります。国がサッシの防火性を試験して性能を評価しているため、防火性が優れていると評価された木製サッシを選びましょう。アルミサッシは熱の伝導率が高く冬になるとサッシに結露が多くなりますが、木製サッシは高い断熱性能を持っているため結露する事はありません。またアルミサッシと比べて気密性が高く、部屋の空気を外に逃がさないため、部屋の温度を保つ事ができ快適に暮らせます。木製のサッシでも耐久性を高めるための工夫が施された製品であれば、アルミサッシと同様の耐久性があるため、メンテナンスに苦労する事はありません。また木製サッシはアルミサッシと比べて窓の種類が豊富で、開き窓や上げ下げ窓など色々なスタイルのサッシが揃っています。